芝生駐車場(EGP)とは
ヤハギ緑化の芝生駐車場(EGP)

計算上91%の高い緑被率を有し、大きな緑地面積を確保できます。
EGPとは当社オリジナル商品(特許第4818870号)で Ecological (環境にやさしい) Grass (芝生) Parking (駐車場)を意味するものです。

アスファルトやコンクリートなどの既存舗装の上に直接施工することが可能です。
既存舗装を撤去しないので、工事費を低減し、産業廃棄物を発生させません。
自動かん水チューブを取り付けることにより、かん水の省力化が図れます。

  • 乗用車対応強度の基盤材です。
  • 取外しが可能です。

原材料には再生ポリプロピレンを使用しており、環境にやさしいリサイクル製品です。

当社オリジナル配合土壌(EGPソイル)により芝枯れの大きな要因となる土壌の固結を防ぎ、通気・透水性を確保します。
また、均一な品質を確保するために工場で配合したものをフレコンバックで現場に搬入します。

EGPソイルは、リサイクル資材であるスーパーソルRを配合したエコ商品です。
スーパーソルRは廃ガラスを焼成発泡した資材であり、多孔質構造のため、保水性、排水性に優れた硬質の粒状材です。

当社のシステムは、かん水時刻、かん水量を季節毎に設定できる、全自動のかん水システムです。
かん水チューブは表面に出ないので、駐車車両の有無に関係無くかん水が可能です。
レインセンサーにより、降雨時にかん水は自動停止します。