コース改造工事

名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース
1929年にオープンし、毎年行われる春のビッグトーナメント中日クラウンズの舞台としても有名なゴルフコースです。ヤハギ緑化は、原設計を基本とした特長ある造形イメージの再生と環境整備によるイメージアップをコンセプトに、グリーンをはじめとする数々の改修整備をこの名門コースにて行っています。

所在地:愛知県愛知郡東郷町大字和合字ドンドロ35-1

コースコンディションの向上

ヤハギ緑化では「コースコンディションの向上」が顧客満足度の向上に大きな影響を与える重要な要素として捉えています。
コースの品質管理に経営努力が行き届かないゴルフ場と差別化し、競争力を確保するためにはコース管理業務の改善や見直しが必要となります。
そのためにもゴルフ場の顧客ニーズや市場、経営環境を踏まえたコース診断が必要になります。

新たなニーズへの対応

高齢者や女性プレーヤー増加などの環境変化に伴い、コースにも新たなニーズが生まれています。
ヤハギ緑化はゴルフ場のコース企画設計~造成~管理(改修、改造)までゴルフ場に関わる全てのプロセスで培ったノウハウを駆使し、幅広いゴルファーに愛される戦略性豊かなコース改修をご提案します。

ヤハギ緑化は日本ゴルフコース設計者協会に所属しています。

日本ゴルフコース設計者協会とは、ゴルフコース設計にたずさわる者が切磋琢磨し、設計技術の向上、設計思想の普及を図り、ゴルフ産業の健全なる発展と豊饒なるゴルフ文化の実現に資することを目的としています。
日本ゴルフ設計者協会

主な業務内容

  1. グリーン改修工事
  2. バンカーの新設、改装、廃止工事
日本ゴルフ設計者協会
ゴルフ事業
お電話でのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせ